2011年05月01日

ブローカー:Forex.com UK - Part.3 - Alpari UKから資金移動

かなり前の話ですが、Forex.com UKの口座を開設したのでクレジットカード入金しようとしたらエラーでできませんでした。
その時はぽんさんからコメントを頂きまして、口座が円建てではダメでドル建てになっていないとクレカ入金ができないということでした。この情報に従って、すぐ口座の通貨を変更してもらうという手もあったのですが、しばらくほったらかしになっていました。

というのも、Alpari UKのクラシック口座の資金が丸々残ったままなので、これをForex.com UKに移動しようと考えていました。
Alpari UKは円建て口座なので、移動する場合はそのままForex.com UKも円建て口座のほうが都合がよさそうです。調べてみたら資金移動の実績もあり、他にいい移動先の候補もなかったので、この線で進めることにしました。

Alpari UKの資金移動フォームを準備して資金移動依頼をしたところ3時間後には受付メールが来て、その30分後にはForex.com UKのほうからも受付メールきました。さらに1日たったらもう口座に資金が入金完了してました。ものすごいスピードで、これにはびっくりしました。

これでAlpari UKの海外口座の資金はやっと整理ができました。
もうAlpari UKは日本のFX業者を買収して、改めて再参入を果たしたという話がでていますが、こちらはしばらく様子見の予定です。
キャッシュバックもないというのが大きいですし、情報が出揃ってからでも遅くないかなと思います。

2011年02月14日

ブローカー:Pepperstone - Part.2 - Alpari UKから資金移動

まずAlpari UKのマイクロ口座の資金は、Pepperstoneに移動して活用することにしました。

もう毎度毎度登場していますが、The Aslan GroupのまとめサイトにAlpari UKの通貨毎の資金移動用書類がアップされています。
Pepperstone側で記入可能な項目が既に全部記載済みですので、素直にこれを利用するのがよいでしょう。
NFA/FSA登録番号やらSWIFTコードなどは調べると結構大変ですからね。これを一から調べるだけでも(私としては)かなり敷居が高くなってたことでしょう。非常にありがたいことです。
必要な項目に記入してスキャンした書類をAlpari UKのバックオフィス(backoffice★alpari.co.uk)とPepperstone(admin★pepperstone.com)に送付しました。(いずれも★を@に変換)

メールを送付したら比較的早く(私の場合は約16時間後)にAlpari UKから出金しましたよ〜メールが来て、その後しばらくして(私の場合は約2日半後)にPepperstoneから入金しましたよ〜メールが来ました。
移動した資金は約100k円でしたが、約2000円(私の場合は2056円)ほどの手数料が引かれていました。
それぞれ単独にAlpari UKから出金して、Pepperstoneに入金するより手数料はきっと安いはずです・・・多分(未調査)。
尚、私は両方とも円通貨の口座です。通貨が違う口座間だとさらに手数料がかかるかもしれませんのでご注意ください(これも未調査)。

またPepperstoneは、つい最近クレジットカードの入金もできるようになったようです。どんどん便利になってきてますね。
今が顧客獲得のチャンスと見て、かなりシステム整備をがんばっているのかもしれません。

これでやっと取引を開始できる環境が整いました。後はどれだけいい成績をだせるかですね。
ブローカーとEAなどの相性などありますが、慎重に見極めていきたいです。

2011年02月13日

ブローカー:Alpari UK - Part.3 - 口座資金について

Alpari UKの日本市場完全撤退によって、口座資金をどうにかしないといけません。

私はマイクロとクラシックで1口座ずつの合計2口座分について、出金or資金移動する必要があります。
恐らくどちらも依頼書類を送ることには変わりがないと思いますので、手間が少なくて済む資金移動にするつもりですが、今度はどのように移動するか計画を練らないと困ります。

マイクロ口座は少ししか入っていませんので、Alpari UKの後継として使用予定のPepperstoneにまるっと移動する予定です。
クラシック口座のほうは全くノープラン状態です。1箇所に全額移動するか2箇所に分散して移動するかという点と、どこのブローカーにするかということで検討していますが、いい案がないです。
今利用しているFxProに移動すれば無難かつ確実なのですが、どうもここは資金移動には対応してないようです。

う〜ん、悩ましいところです。ここはお勧め!とか試しにここはどうだい?というブローカーの情報が欲しいですね。

2011年02月11日

ブローカー:Pepperstone - Part.1 -

Forex.com UKに続いて、The Aslan Group経由でPepperstoneというブローカーにも口座開設してみることにします。
The Aslan GroupといったらFXでリベンジ!!さんということで、用意してもらっているリンクから開設の手続きを行いました。まぁ、このPepperstoneというブローカーを知ったのもFXでリベンジ!!さんの記事なんですけどね。

いつものように必要事項を記入し、本人確認書類のアップロードは、運転免許書のスキャンにローマ字を振ったものをアップロードしました。もしかしたら、これではダメといわれるかなと思ってましたが無事に開設できました。

実際の期間としては、手続きから開設完了のメールがくるまで約2日ほどでした。

どうでもいい蛇足レベルの話として、Peppertoneから送信されるメールの挨拶が、開設完了以降"Dear ○○(登録名)-sama"となりました。ただそれだけなんですけど、見るたびになんか和みますw

尚、FXでリベンジ!!さんの所で知らない間にこのブログをリンクに加えて頂いてました。ありがとうございます!!

2011年02月10日

ブローカー新規口座開設ラッシュ

最近は日本人向けサポートがしっかりしている有名どころのブローカーで、日本人の新規口座開設の制限が厳しくなってきました。
そのため、今のうちに開設できるところはなるべく開設しておこうと思い、先月末辺りから実施し始めています。
やはり保険をかけておくことは必要だと思うのです。

CashBackForex経由でInstaForex、The Aslan Group経由でFXCM UKとPepperstoneの2口座の開設を進行中です。
Forex.com UKに続いて、日本人の新規口座開設が不可になったという情報が流れたFXCM UKにも同様にチャレンジしてみました。
この辺りの結果もどうなったかまたお知らせする予定です。

ホントは自分の備忘録も兼ねて、各ブローカーの口座開設手順を詳しく図入りで解説したいところなのですが、巷に同じようなサイトがあること及び本業の忙しさにかまけて優先度が下がっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。